不登校むずかしい

娘のこと

何を書いていいのかわからなくなり、しばらく休んでみた。不登校のことを書いてもありきたりで、キレイ事ばかりになってしまう。

この間娘のことでひどく落ち込むことがあった。3月は卒業式があって、今年はコロナの影響で卒業式本番には在校生が出席できないので、一日前に予行練習として在校生出席での式をやる予定になってました。卒業式予行&本番で器楽部が入退場の演奏をすることも決まっていました。

その少し前、担任から卒業式予行に参加できそうか聞かれていて、娘は卒業式予行は出ると決めて、卒業式予行の段取りの確認のために時々学校に行けるようになっていたんです。

でも卒業式予行の前日は、行くと決めていたのに行けなくて、その流れで当日も制服を着て用意はしたけど、行きたくないと泣き出して結局行けず…

行けないことは今までもあってその時は平気だったのに、今回はガクッとわたしご落ち込んでしまいました。学校に放課後登校することを伝えて、一息ついたら泣けてきて、なんでこうなったのかな、なんで、なんでって悲しくなってしまって、仕事に行っても一日どんよりしてました。

少し前に娘から将来の目標を聞きました。音楽の勉強をしたいそうです。将来のことを考えていたこと、目標を話してくれたこと、前向きになってきた姿を見れたことが嬉しくて、何かしてあげなきゃとまたお節介を焼きたくなってしまってたのかな。これから娘は歩き出してくれるかもと期待してしまったのかな。

そんな時にきた行きたくないと泣く娘の姿を見て、何も変わってないことに気づいて落ち込んだんです。娘は進級したら学校に行くと言ってるけど、春が来ても学年が変わってもこのままなのかもしれないと現実を突きつけられました。

不登校だったとしても別にいい。生き方はそれそれで、不登校だから人生終わりじゃないとわかっているけど、本音はやっぱり周りの子みたいに学校に行ってほしいし、勉強もしてほしいと思っていたんです。

それを見ないふりして、わかっているふりをして、いい顔してただけ。

本当に心からこのままでもいいやって思える日が来るんですかね。だって、当たり前に学校に行って、勉強して成績の心配をしたりしている話を聞いているとすごく羨ましいと思ってしまう。あーうちの子は毎日家にいてスマホを見てるだけ、勉強もしていないし、ゴロゴロしている。何もしていないのに要求だけはたくさんあって、要求が受け入れられないとへそを曲げる。

はっきり言って、そんな娘を面倒だと思うし、ワガママばかりでうんざりもしています。

もうすぐ春休みです。不登校児の親にとってはホッとできるお休みです。少しは変化が見られるといいなと思って春休みを待っています。

ブログランキングに参加しています。ポチッと、よろしくお願いいたします!
娘のこと家族
つむぎFollow
Sponsored links
Sponsored links
つむぎのブログ~いつかどこかへたどり着くために

Comments

タイトルとURLをコピーしました