先が見えないことの不安

娘のこと

こんにちは、つむぎです。
毎日ブログを書くことはとても難しいですね。時間がないと言い訳して毎日書くという目標が達成されていません、情けない…

今年の冬は、寒い日があったり春のように暖かい日があったり波がありますね。気温の変化についていくだけで精一杯。あ~早く春が来ないかな~と思っています(あ、でも花粉症は嫌だな…)

自分の不安を娘にぶつけてしまった

娘はいま放課後登校を続けています。朝起きれても学校に行く気がないようで、用意もしないでスマホをみてごろごろ。そして夕方、わたしが仕事を終えて帰ってから学校へ送っていく。この生活になって3ヵ月、あら、ずいぶん長く放課後登校している感じがしたけどまだ3ヵ月しか経ってなかったんですね。

その日もいつもの通り放課後登校に行くことになっていたけれど、娘は気分が乗らないのか着替えも済んでなくて不機嫌な態度で。それを見たときにイラっとしちゃったんです。わたしは仕事をしてきて疲れている、夕ごはんの支度も何もしないで、娘を連れて学校にいく。娘が欠席にならないためにやっていることなのに、どうして不機嫌な娘の相手をしてご機嫌をとって連れて行かないといけないのか。この子はこの先どうしていくつもりなのか。誰のために毎日学校に連れていってるのかわかっているのか。とワーッと怒りと不安とごちゃまぜの感情が溢れたんですよね。

そのイライラを娘にぶつけてしまいました。娘が言われたら嫌だなと思うことをわざと口にしてしまって…言いながら、あ〜こんなことを言いたいんじゃない、こんなことを言ったら娘が傷つくと思いながらも止められなくて。

しばらく二人で黙ったままでしたが、さっきは言いすぎたこと、傷つけるようなことを言ったことを謝りました。

不安な気持ちは正直に話すこと

親は先を見ている分不安は大きいです。娘が苦労しないように何とかしてあげたいと思います。だから不安になってしまう。自分の問題なら自分の責任だし、なんとかしようと頑張れるけど、子どもの問題は親が頑張ってもどうにもならないから不安になる。

そしてわたしは不安な気持ちを誰かに話すのが苦手です。そのくせ一人で抱えきれずに周りにイライラを撒き散らしてしまう。イライラを周りにぶつけても不安は解消しないから、同じことを繰り返してしまう。

だから不安に思ったらとにかく話すことにしました。自分ひとりで抱えてたら本当に辛いです。誰かに話して肩代わりしてもらえことはできないけど、不安を話すことでわたしの中に溜まっていた不安のガスを出すことができると少し楽になれると思います。

娘にも不安なことがあったらどんな小さいことでも話してみてと伝えました。きっとわたしよりも不安を抱えていると思うので。解決しなくても少し気持ちが軽くなるからと。

ブログランキングに参加しています。ポチッと、よろしくお願いいたします!
娘のこと 家族
つむぎFollow
Sponsored links
つむぎのブログ~いつかどこかへたどり着くために

Comments

タイトルとURLをコピーしました