ヒトリゴト

こんばんは、紬です。

毎日、生活に追われあっという間に過ぎてしまう。
自分のことを振り返ったり、考えたりする暇もなく…

「あれ?昨日って何してたっけ?」

なんて日もざらです。

自分のことより子ども

小学校にはいって、子ども自身に手がかかることは減りましたが、部活終わりのお迎え、土曜日の部活への送り迎え、学校行事への参加、PTA活動などなど

幼稚園に比べたら比にならないくらい親の出番ありすぎです。

「かわいい子どものことなんだから」

「親なんだから」

と思う人もいるでしょうね。

でも、わたしにとっては面倒なことです。まだ明るいんだから部活帰りは歩いて帰ってこれるんじゃない?と思うけれど、ご時世もあり、子どもだけで歩かせることを心配する親御さんもいます。

朝は歩いて登校させるのに、帰りはお迎えって…と思うけれど、ひとりで歩かせるわけにもいかず。

そういえば、近所の高校も毎朝、親が子どもを送ってきてるな。
夫の時代は「親に送ってもらうなんて恥ずかしくてできなかったよ」と言っていましたが、時代が違うんですね。

うちは、もう少し独り立ちしてもらいたいな。
高校生になったら自力で学校に登校して欲しいと思います。

早く、わたしの手を離れてどんどん歩いていって欲しい。
親のことなんて忘れるくらい楽しいことを見つけて、自分の足で立って歩いて振り返らずにどんどん。

なんて、ヒトリゴトでした。

コメント